一括借り上げを行い不動産投資をする|WeAre不動産投資マスター

賃貸経営のノウハウ

賃貸経営のリスクを軽減

賃貸経営に付き物のリスクと言えば、空室の増加です。マンション経営では、入居率によってその収入は大きく変わってきます。 特にローンを利用してマンションを建設した場合、空室が増加し、ローンの返済が追いつかなくなるということが起こります。 このような状態に陥らない為に大家として出来ることは、大手企業が行う一括借り上げのシステムを利用することです。 一括借り上げのシステムの多くは、30年間という長期に渡って企業が借り上げてくれるので、安定した家賃収入を見込めます。このシステムを利用しておくと、最低限、ローンの支払いが滞るということなく賃貸経営を安心して行えます。 また、管理なども行ってくれますので、面倒な管理作業からも開放されます。

一括借り上げは信頼できる企業と契約しましょう

この一括借り上げのシステムでは、家賃をどの程度保証してくれるのかということがポイントになります。多くの場合、家賃を見直す更新というのがあり、その時々の相場にあわせた金額の家賃保証となります。 この金額で、ローンが支払うことが出来るかどうかをまずシミュレーションしておくことが大事です。 家賃保証だけでなく、一括借り上げでは入居者の募集も企業が行ってくれる場合が多いです。その為、信頼度の高く、集客率の高い企業を選んで一括借り上げの契約を結ぶことが大事です。 30年と言う長い期間での契約となりますので、企業がしっかりしているかを見極めて契約しなければいけません。 そうすることで、長期的に安定した賃貸経営を行うことができるでしょう。

↑ PAGE TOP